ラクトフェリンサプリに副作用はあるのか

ラクトフェリンサプリ 副作用

ラクトフェリンサプリに副作用はあるのか
健康や美容に多くの効果が期待できるとされているラクトフェリンサプリですが、使用前に気になるのが副作用です。

ラクトフェリンサプリに副作用があるのかどうかは、様々なメーカーや研究機関の研究結果ではほとんどないとされています。

そもそもラクトフェリンは母乳に多く含まれているものですので、安全性が高い食品であるのは当然ともいえます。

ただし、気を付けなければいけないのが摂取量です。

どのような物でもそうですが、健康にいいからと一日の推奨摂取量よりも多めに摂取してしまうと体に悪影響が出る可能性があります。

例えば、ラクトフェリンの場合は、腸が活発に動きすぎて腹痛や下痢を引き起こすことが考えられます。

また動物由来の乳成分ですので乳製品アレルギーがある方はもちろん、妊娠中や授乳中の方が摂取を考えた場合には、医師の確認を取った方がよいでしょう。

上記のようなケースに気を付ければ、基本的には安全で副作用がないサプリといえます。

ラクトフェリンのサプリは毎日摂取することが大切

健康意識の高まるなか、様々な有効成分に注目が集まっています。
ラクトフェリンサプリ 副作用

そのひとつラクトフェリンは、1939年にデンマークで発見された多機能たんぱく質で、当初から抗菌成分が知られていました。

ヒトの出産直後の初乳に最も多く含まれ、通常の栄養素のほか細菌やウィルスなど、外敵から守る感染防御成分を持っています。

このひとつがラクトフェリンで、鉄分と結合しやすい性質です。赤ちゃんを、母乳で育てると強く育つというのは、ここからきています。

研究が進められた結果、ラクトフェリンには免疫調整作用があり、がん予防のほかピロリ菌や歯周病菌を抑制することがわかってきました。

腸内のビフィズス菌を増加、善玉菌を促進する以外にも内臓脂肪の代謝を促し、貧血にも効果が期待できます。

胃潰瘍や胃がんの原因として、近年指摘されるピロリ菌を包み込み、体外排出する働きなども有用です。

しかしこの成分は胃酸や酵素に弱く、食べ物よりサプリとして摂るほうが適しています。効力を得るため、毎日摂取することが大切です。

ラクトフェリン